すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

張栩が奪取!グランドスラム達成!【第34期棋聖戦七番勝負第5局】2/26

このエントリーをはてなブックマークに追加

山下敬吾棋聖張栩十段が挑戦していた、第34期棋聖戦七番勝負読売新聞社主催)の第5局が2月25、26日の両日に静岡県伊豆市の「玉樟園新井」で行われ、張が247手までで白番1目半勝ちをおさめ、シリーズ通算成績4勝1敗で棋聖位を奪取した。

終局時間は16時19分、持ち時間8時間のうち残り時間は黒の山下が1分、白の張が2時間38分だった。

34期棋聖戦第5局終局1

 

これで張は現行七大棋戦(棋聖、名人、本因坊、十段、天元、王座、碁聖)のタイトルを全て1度以上獲得するグランドスラムを達成した。グランドスラムは25世本因坊治勲が昭和62年12月に天元位を獲得して以来23年ぶり二人目。

また、30歳1ヵ月での達成は、25世本因坊治勲の達成時31歳6ヵ月を1年5ヵ月上回った。

 

34期棋聖戦第5局終局2

 (写真:横山勝彦 2点とも)

 

今期は5連覇、名誉棋聖の称号がかかっていた山下だったが、防衛はならなかった。

 

【棋聖戦第5局終局の場面】 黒:山下棋聖 白:張十段

34期棋聖戦第5局終局

 

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では今期も棋聖戦七番勝負の封じ手予想クイズを実施しました。

☆封じ手予想クイズの結果はこちら

 

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では第34期棋聖戦七番勝負を全局ライブ中継しました。
第5局は金秀俊八段の詳細解説でお送りしました。


≪関連記事≫
山下敬吾VS張栩!ファン待望の頂上決戦! ―棋聖戦七番勝負開幕<1>―
5連覇・名誉棋聖資格を狙う山下敬吾棋聖 ―棋聖戦七番勝負開幕<2>―
グランドスラムを狙う張栩十段 ―棋聖戦七番勝負開幕<3>―
山下VS張栩の名勝負(1) ―棋聖戦七番勝負開幕<4>―
山下VS張栩の名勝負(2) ―棋聖戦七番勝負開幕<5>―
山下VS張栩、51分の34は・・・ ―棋聖戦七番勝負開幕<6>―
歴代棋聖 ―棋聖戦七番勝負開幕<7>終―

« 王銘エン九段が通算900勝達成 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | グランドスラム達成!張栩と治勲の獲得記録 »