すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

井山が開幕2連勝!【第39期棋聖戦七番勝負第2局】

このエントリーをはてなブックマークに追加
井山裕太棋聖山下敬吾九段が挑戦している、第39期棋聖戦挑戦手合七番勝負【主催:読売新聞社】の第2局が1月29、30日に青森県八戸市の「八戸パークホテル」で行われた。
結果は228手までで白番の井山が中押し勝ちをおさめ、開幕2連勝とした。
終局は19時15分、持ち時間8時間のうち残り時間は黒番の山下が2分、白番の井山が1分だった。
井山の3連勝なるか、山下が巻き返すか、第3局は2月5、6日に広島県尾道市の「ベラビスタ境ガ浜」で行われる。

【両対局者のコメント】
井山「形勢が良いと確信したのは最後の方でした。3局目以降、自分らしい碁を打ちたい」
山下「封じ手の時点では相当悪いと思っていました。気合いを入れて3局目に臨みたい」

第39期棋聖戦第2局終局井山

第1局に続き激しい後を制した井山


第39期棋聖戦第2局終局山下

山下は第3局での巻き返しを狙う


第39期棋聖戦第2局終局

新聞解説の治勲も検討に加わる


【棋聖戦第2局終局の場面】
黒:山下敬吾九段 白:井山裕太棋聖 白中押し勝ち

39期棋聖戦第2局終局
(幽玄の間解説:三谷哲也七段
棋聖戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。
第39期棋聖戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら

 


u-gen20140401_160x60.jpg

「幽玄の間」ではトッププロの熱戦を随時中継!
登録カンタン!らくらくモードで対局・観戦!
まずは日本棋院IDを取得して
無料利用者登録(5日間)でお試しください!

情報会員
対局結果速報、最新棋譜、解説、認定問題、
一日一題、問題集など、お楽しみページ満載!
インターネット情報会員に入会してみませんか。
「情報会員」サービスのご案内はこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/8493

« 井山が46手目を封じる【第39期棋聖戦挑戦手合七番勝負第2局】 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 【1月第5週】主な対局結果 »