すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁3月26日号(3月19日発売)特集内容

【第36期棋聖戦七番勝負第7局】
 最終局までもつれこんだ張栩棋聖と高尾紳路九段の一戦、第36期棋聖戦七番勝負第7局が3月14、15日、山梨県甲府市「常磐ホテル」で打たれ、281手までで張棋聖が黒番中押し勝ちをおさめ、棋聖位防衛3連覇を果たした。高尾挑戦者は奪取にあと一歩のところまで追い込んだものの、最後わずかに届かなかった。

【第24期女流名人戦三番勝負第2局】
 女流碁界の第一人者、謝依旻が昨年の女流本因坊五連覇に続いて、女流名人も5連覇を達成した。謝女流名人に向井千暎五段が挑戦する、第24期女流名人戦三番勝負(産経新聞社主催)第2局が、3月14日に京都市の平安女学院「有栖館」で行われ、難解なヨセ勝負の末、先番の謝が1目半残し、2連勝でタイトル防衛を果たした。

週刊碁3月19日
お悩み天国 質問募集欄

« 2012年碁ワールド4月号 | 週刊碁 記事一覧 | i碁BOOKS「春のキャンペーン特価」販売中(3月16日─5月7日まで) »