すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

関航太郎くんが優勝!芝野虎丸くんが準優勝!【ワールドユース囲碁選手権】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第30回ワールドユース囲碁選手権が、8月14日から18日にかけてチェコの首都プラハで開催されました。日本代表として、日本棋院院生の芝野虎丸くん(13才)と関航太郎くん(11才)が出場し、関くんが12才未満の少年の部で優勝、芝野くんが16才未満の青年の部で準優勝となりました。

第30回ワールドユース囲碁世界選手権
優勝した関航太郎くん(写真中央)

第30回ワールドユース囲碁選手権
第30回ワールドユース囲碁選手権

この大会は応昌期の基金で設立され、別名、応氏杯世界青少年囲碁選手権戦とも呼ばれています。

世界戦優勝の登竜門とも言える本大会の少年の部で優勝したメンバーには、常昊九段(中国)、古力九段(中国)、朴永訓九段(韓国)、朴廷桓九段(韓国)ら現在世界のトップで活躍する棋士が名を連ねています。また、李世ドル九段(韓国)はこの大会で準優勝をしました。

また、日本勢では一力遼三段が院生時代に出場し準優勝を果たしています。

この大会の詳しい模様は、9月2日発売の「週刊碁」の中で紹介する予定です


囲碁ナショナルチーム「GO・碁・ジャパン」では日本チームの活動をご支援いただく応援募金を受け付けております。
世界戦で勝つ!日本チームを応援しよう!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/6978

« 【8月第5週】中継予定 | 020アマ大会・イベント情報 記事一覧 | 洪ソッ義さん初優勝!(第59回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会) »