すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

井山4冠が将棋の羽生4冠と夢の「8冠対談」(週刊ポスト)

このエントリーをはてなブックマークに追加

井山裕太4冠
井山裕太4冠と将棋の羽生善治4冠との対談が、2月2日(月)発売の「週刊ポスト」(小学館)に掲載されます。
題して「夢の8冠対談」。かつて将棋界で7冠を達成した羽生4冠と、昨年まで6冠を保持していた井山4冠が「先を読む力」について語っています。
羽生4冠が「井山さんは勝負所でプロ棋士である解説者も予想していない、意表を突く手が多い。そんな手をどうやって思いつくのか」と質問すると、井山4冠は「特別な手を選んでいるつもりはないんです…」と返答。
タイトル戦後の検討や、何手先まで読むのか、など、興味深い会話が豊富な写真と並んで、5ページに渡って紹介されています。
ぜひお手にとってご覧下さい。

週刊ポスト小学館
2/2(月)発売

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/8489

« 2014年賞金ランキング昇段 | 010日本棋院からのお知らせ 記事一覧 | 第8回 宝酒造杯 囲碁クラス別チャンピオン戦 京都大会(4/19) »