すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

【第1回ワールドマインドスポーツゲームズ(WMSG)】記者発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年10月、北京オリンピック後に「ブリッジ」、「チェス」、「ドラフツ(チェッカー)」、「囲碁」、

「シャンチー(中国象棋)」の5つを競技種目とするマインドスポーツの祭典

「第1回ワールドマインドスポーツゲームズ」が開催されることとなり、

5月16日に東京・市ヶ谷の日本棋院会館で共同記者会見が行われた。

記者会見の模様  

 

囲碁競技は男子個人戦、女子個人戦、オープン個人、男子チーム戦、女子チーム戦、

プロペア戦、アマチュアペア戦の6種目が行われ、約60ヵ国・地域から

選手600名の参加が見込まれている。

プロ組織のある日本、韓国、中国、中華台北からはプロ棋士が選手として出場する予定。

5競技6団体が集合

(左から日本シャンチー協会・理事長戸川芳郎、日本チェス協会・会長代行渡井美代子、

社団法人日本コントラクトブリッジ連盟・副会長野崎武、財団法人日本棋院・理事長岡部弘、

財団法人日本棋院・副理事長大竹英雄、財団法人日本ペア碁協会・理事事務局長滝祐子、

日本チェッカー・ドラフツ協会・代表小俣光夫)

 

■第1回ワールドマインドスポーツゲームズ報道資料

■囲碁 個人・チーム戦 代表選手

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/1687

« 毎日・佐川急便段級位認定大会のおしらせ(6/29) | 010日本棋院からのお知らせ 記事一覧 | 【5月第4週】生中継予定 »