すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

山下敗れ日本敗退 【第13回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦第9戦】12/2

このエントリーをはてなブックマークに追加

  日本・中国・韓国による3カ国の勝ち抜き戦、第13回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦の第2ラウンド(韓国・釜山)は2日の第9戦に日本選手の5番手として山下敬吾九段が登場し、韓国の金志錫七段と対戦した。結果は186手まで白番の金七段の中押し勝ちとなった。
これで日本チームは勝ち星なしの5連敗。日本チームが勝ち星なしで敗退するのは農心杯が創設されて以来初めてのこと。
勝った金七段は12月3日の第10戦で中国チームの3番手(未定)と対戦する。

この対局は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたしました。


【農心杯第9戦終局図 黒:山下敬吾九段 白:金志錫七段 白番中押し勝ち】

第13回農心杯第9戦

【第2ラウンド対局結果】 11/28-12/3
28日(月)第5戦 檀嘯五段(中国)vs羽根直樹九段(日本)、檀の黒番中押し勝ち
29日(火)第6戦 檀嘯五段(中国)vs姜儒澤四段(韓国)、檀の白番4目半勝ち
30日(水)第7戦 檀嘯五段(中国)vs結城聡九段(日本)、檀の黒番中押し勝ち
12月1日(木)第8戦 檀嘯五段(中国)vs金志錫七段(韓国)、金の白番3目半勝ち
12月2日(金)第9戦 金志錫七段(韓国)vs山下敬吾九段(日本)、金の白番中押し勝ち

 

☆第1ラウンドの対局結果はこちら

 

■出場棋士
○日本:山下敬吾九段、結城聡九段、羽根直樹九段、高尾紳路九段、坂井秀至八段
○韓国:李昌鎬九段、元晟ジン九段、金志錫七段、姜儒澤四段、安国鉉三段
○中国:古力九段、朴文尭九段、謝赫七段、周睿羊五段、檀嘯五段

 

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では農心杯をライブ中継いたします。


幽玄の間

 「幽玄の間」ではトッププロの熱戦を随時中継!
登録カンタン!らくらくモードで対局・観戦!

まずは無料利用者登録(5日間)でお試しください!



碁バイルセンター

日本棋院公式ケータイ囲碁サービス「碁バイルセンター」



情報会員

対局結果速報、最新棋譜、解説、認定問題、
動画講座などお楽しみページ満載!
インターネット情報会員に入会してみませんか。
「情報会員」サービスのご案内はこちら

棋士日記  

碁バイルセンターと情報会員ページで連載中!
大澤奈留美四段の『空色日記』
下坂美織二段の『みおりん日記』

« 小林覚九段が通算1000勝達成! | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 高尾九段が準々決勝進出!【第7回大和証券杯ネット囲碁オープン】12/3 »