すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

史上2度目の「長生」無勝負!

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月14日におこなわれた世界選手権富士通杯予選Bの

王銘エン九段内田修平三段の対局で

「長生」(ちょうせい)が発生し無勝負となりました。

     
王銘エン九段   内田修平三段

王銘エン九段

 

内田修平三段

     
     

 

日本囲碁規約・第十二条(無勝負)の解説はこちら  

日本囲碁規約のページ 

公式棋戦での「長生」無勝負は1993年の本因坊リーグ

林海峯天元―小松英樹八段戦以来2回目。

 

 

どのような手順で「長生」に至ったのか? 

王銘エン九段―内田修平三段の対局棋譜は

週刊碁9月21日発売号に掲載されます。

 

 

なお、打ち直し局は同日おこなわれ、王銘エン九段が

白番半目勝ちをおさめ予選Aに進出した。

 

 

☆「帯坂通信」その他の情報はこちら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/2871

« 高尾3回戦進出!【第5回大和証券杯ネット囲碁オープン】9/19 | 030帯坂通信 記事一覧 | 「万波姉妹のぐんぐん強くなる囲碁Q&A」9/25発売! »