すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

酒井真樹、井山裕太、鈴木嘉倫、武井孝志が初出場【第34期碁聖戦本戦】

このエントリーをはてなブックマークに追加

張栩碁聖への挑戦権を争う第34期碁聖戦本戦は10月30日に開幕。

本戦初出場は酒井真樹八段井山裕太八段

鈴木嘉倫六段武井孝志六段の4名。 

 

第34期碁聖戦本戦出場者

 ↑クリックで表拡大します(PDFファイル)

残り3枠は王銘エン九段―潘善琪七段、仲邑信也八段―溝上知親八段、

高野英樹七段―黄翊祖七段の勝者

 

二十五世本因坊治勲は碁聖戦史上最多となる32回目の本戦入り。

結城聡九段が今期出場棋士中最長の14期連続本戦出場。

 

 

☆「帯坂通信」その他の情報はこちら

« 福井正明九段の新刊「名人・名局選 秀策」発売中! | 030帯坂通信 記事一覧 | 秋田に学べ!小中学校入門教室開催募集中! »