すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

女子個人戦始まる【第1回ワールドマインドスポーツゲームズ】10/5

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月4日から競技が始まっている、第1回ワールドマインドスポーツゲームズ(IMSA:国際マインドスポーツ協会主催)は5日から女子個人戦の予選が始まった。

男子個人戦は3日間、午前と午後の2対局ずつ6局を行う。A―Hまで各組で上位2名が16名による決勝トーナメントに進む。

日本の男子個人戦は出場メンバー全員が2連勝で一日目を終えた。

男子個人予選

 

女子個人戦は3日間半で7対局の予選を行い、 A―D各組の上位2名が8名による決勝トーナメントに進むシステムとなっている。

女子個人予選

 

 【男子個人戦主な出場選手】

A組:三村智保九段、陳耀燁九段(中国)、姜東潤八段(韓国)

B組:李沂修四段(台湾)、睦鎮碩九段(韓国)、周睿羊五段(中国)

C組:山田規三生九段、白洪淅六段(韓国)

D組:王立誠九段(台湾)、古力九段(中国)

E組:山城宏九段マイケル・レドモンド九段(アメリカ)、王檄九段(中国)

F組:王銘エン九段(台湾)、朴正祥九段(韓国)

G組:坂井秀至七段、朴永訓九段(韓国)、李喆六段(中国)

H組:彦坂直人九段張豊猷七段(台湾)、劉星七段(中国)

 

  チームジャパンのウィンドブレーカーを着る女子個人3選手

【女子個人戦主な出場選手】

A組:佃亜紀子五段、李玟真五段(韓国)

B組:梅沢由香里五段王景怡初段(台湾)、ゼイ廼偉九段(中国)、朴鋕恩九段(韓国)

C組:潘坤鈺初段(台湾)、曹又伊二段(中国)

D組:万波佳奈四段、李瑟娥初段(韓国)、宋容慧初段(中国)

 

大会の模様は随時、大会特設ページでお知らせします。

また、日本棋院ネット対局「幽玄の間」では期間中、注目対局を中継いたします。

 

第1回ワールドマインドスポーツゲームズ(大会特設ページ)

第1回ワールドマインドスポーツゲームズ(WMSG組織委員会)

チームジャパン公式ページ

 

 

 

« 張栩、準決勝進出【第4回大和証券杯ネット囲碁オープン】 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 山田規、三村、山城が決勝トーナメント進出!【第1回ワールドマインドスポーツゲームズ】10/6 »