すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

小県真樹九段が通算700勝達成

このエントリーをはてなブックマークに追加

小県真樹九段が3月31日、名古屋市・日本棋院中部総本部
おこなわれた第15期阿含桐山杯予選Aで
下島陽平七段に黒番中押し勝ちし、
公式戦通算700勝(346敗6持碁)を達成しました。
史上30人目の達成です。

小県 真樹九段

小県 真樹九段 

これにより
 ・達成時勝率 .669となり史上11位
 (1位は山田規三生九段の .716)
 ・入段から27年11ヶ月での達成となり史上13位
 (1位は山田規三生九段の18年7ヶ月)
 ・43歳6ヶ月での達成となり史上15位の年少記録
 (1位は趙治勲十段の33歳1ヶ月)
 となりました。 

 

小県真樹九段は昭和39年9月7日生まれ。岐阜県出身。43歳。
昭和55年入段。日本棋院中部総本部所属。
昭和63年に王冠戦優勝。初タイトル獲得。以降4連覇。
昭和63年、39勝をあげ最多勝利賞受賞。
平成7年、16連勝を記録し連勝記録賞受賞。
通算タイトル獲得数は4

 

・初勝利は
昭和55年4月2日
王座戦一次 高群徹朗初段に黒番中押し勝ち


・通算勝数第1位は
林海峯名誉天元の1323勝

 

その他の棋戦情報「帯坂通信」はこちら

« 加藤啓子登場!【第6回正官庄杯世界女流囲碁最強戦第3ラウンド】4/2 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | Yahoo!ズバリ予想 大和証券杯ネット囲碁グランドチャンピオン戦3/29の結果 »