すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

負け数の多さは一流棋士の証明!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今期14勝21敗と最多負け数を記録している小林覚九段ですが、
8月は5勝1敗と好調。
名人リーグ残留を決め、十段戦挑戦者、NECカップ優勝に
向けて勝ち進みました。

小林覚九段

小林  覚九段

 

プロ棋士の出場できる棋戦は年間10棋戦(棋聖、名人、本因坊、十段、天元、王座、碁聖、富士通杯、竜星戦、桐山杯) なので単純計算で「1年間に10敗」できます。
 

「数多く負けるため」には挑戦手合出場、世界選手権出場、リーグ入り、選抜棋戦(NHK杯、NEC杯他)
出場など各棋戦で活躍する必要があります。
負け数が多いことは一流棋士の証明です。

 

年間最多敗戦記録は平成16年・山下敬吾天元(当時)の32敗(39勝)。
史上最多敗戦記録は林海峯名誉天元の805敗(1312勝)。 ※8月26日現在 。

敗戦数ランキング

 

帯坂通信」その他の情報はこちら

« 謝依旻vs小林泉美 女流本因坊挑戦者決定戦!8/30(木) | 030帯坂通信 記事一覧 | 名人戦第1局「前夜祭」「大盤解説会」「指導碁」のお知らせ »