すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

女流棋士の対男性棋士成績 ―上半期集計<2>―

このエントリーをはてなブックマークに追加

女流棋士対男性棋士の対局は年間約600から700局。
2000年から2007年6月までの勝敗は表のとおりとなりました。

女流棋士 対 男性棋士

 

  梅沢由香里女流棋聖     小林泉美六段

梅沢由香里女流棋聖

 

小林 泉美六段

2003年、2004年には小林泉美六段が女流棋士では
初の十段戦本戦入り(2期連続)。
次に七大タイトル本戦入りする女流棋士は誰か?
また史上初のリーグ入りがなるか注目されます。

 

◎梅沢由香里女流棋聖は7月5日の対局で趙善津九段に勝ち、
  対男性棋士通算117勝98敗・勝率544となりました。 

 

※2003年は予選ABC方式への変更により対局数減。
(旧方式は初段から四段が一次予選・五段以上が二次予選スタート、現在は前期成績に基づき組み合わせ)

 

「帯坂通信」その他の情報はこちら

« 本因坊の「号」 | 030帯坂通信 記事一覧 | 日本棋院2階売店案内 »