すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

第4回春蘭杯世界囲碁選手権決勝三番勝負第2局 韓国・ソウル「韓国棋院」(3/18)

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本棋院所属棋士昇段制度の変更に伴い2003年4月1日付けで以下の3名が昇段いたします。
・棋聖 山下 敬吾(ヤマシタ ケイゴ) 七段 → 九段 ※第27期棋聖位獲得に伴い
・柳 時熏(リュウ シクン) 七段 → 九段 ※天元位通算4期の実績
・張 栩(チョウ ウ) 七段 → 八段 ※56期本因坊戦挑戦者
勝星による新昇段制度の詳細はこちら(PDF形式)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/584

« 新棋戦「JALスーパーカップ」開催のお知らせ(日本棋院広報)(3/14) | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 平成14年度合同表彰式(日本棋院)東京本院(3/24) »