すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁1月26日号(1月19日発売)特集内容

【第39期棋聖戦七番勝負第1局】
囲碁界に新春の訪れを告げるビックタイトルマッチがいよいよ開幕―。井山裕太棋聖に山下敬吾九段が挑戦する第39期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)第1局が1月15、16日に大阪府大阪市『ウェスティンホテル大阪』で行わた。力と技がせめぎ合う見どころが満載となった一戦は井山が282手まで黒半目勝ち。幸先の良いスタートを切った。現地陣営は、立会・坂口隆三九段、新聞解説・結城聡九段、記録と秒読み・吉川一二段、宮本千春初段、大盤解説・横田茂昭九段、聞き手・飛田早紀初段。

【ナショナルチームGO・碁・ジャパン合宿in坂出】
2014年12月27日から30日、香川県坂出市において、ナショナルチームGO・碁・ジャパンの合宿が行われた。総勢約40名。若手棋士たちを鍛えるため、山城宏監督をはじめ、コーチとして名を連ねる多くのトップ棋士たちも駆けつけた。前回に続いて、柳澤理志四段による潜入レポートをお届けする。

週刊碁1月19日号
お悩み天国MAX 質問募集欄

« 週刊碁1月19日号(1月12日発売)特集内容 | 週刊碁 記事一覧 | 2015碁ワールド2月号 »