すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁1月19日号(1月12日発売)特集内容

【第4回思源杯世界囲碁名人争覇戦】
日本・中国・韓国3ヵ国の名人が集まり、世界ナンバー1の名人をかけて争う「第4回思源杯世界囲碁名人争覇戦」(主催・人民日報社、中国囲棋協会、共催・西安思源学院、後援・朝日新聞社)が1月5日から9日まで、中国陝西省西安市「西安思源学院」で行われた。日本の井山裕太名人は初戦で韓国の朴永訓名人を破り、決勝に進出したものの、決勝戦では中国の陳耀燁名人にわずか半目及ばず、惜しくも優勝を逃した。

【第10回春蘭杯世界選手権】
第10回春蘭杯世界選手権の準々決勝、準決勝が、12月25、27日、中国の合肥市で行われ、古力九段と周睿羊九段の中国勢が決勝に進出した。日本から準々決勝にただ一人勝ち上がった張栩九段は、古力九段と対戦し、一目半差で敗れた。現地に同行した蘇耀国九段の解説で、張―古戦を紹介する。

週刊碁1月19日号
お悩み天国MAX 質問募集欄

« 2015囲碁未来2月号 | 週刊碁 記事一覧 | 週刊碁1月26日号(1月19日発売)特集内容 »