すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁11月3日号(10月27日発売)特集内容

【第62期王座戦挑戦手合五番勝負第1局】
若き六冠王、25歳の井山裕太王座に年下23歳の村川大介七段が挑戦する第62期王座戦挑戦手合五番勝負第1局が、10月21日に神奈川県横浜市の「横浜ロイヤルパークホテル」で行われた。序盤から工夫の連続で見たことのない碁形が出現、激しい攻防が続いたが、終盤で双方に勘違いがあってどちらが勝ってもおかしくない際どい勝負となった。最後は井山がわずかに半目残して大事な緒戦を制している。立会・林海峰名誉天元、新聞解説・林漢傑七段、記録・小山空也初段、星合志保初段。第2局は11月18日に京都市「ウェスティン都ホテル京都」で行われる。

【第21期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦決勝】
まさに“井山劇場”と言っていい波瀾万丈の一戦だった。第21期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦の決勝は、10月18日、京都市山科区の「阿含宗・釈迦山大菩提寺」で行われ、井山裕太六冠が河野臨九段に黒番1目半勝ちして3度目の優勝を飾った。立会・大盤解説は二十五世本因坊治勲、聞き手は吉原由香里六段、記録係は阪本寧生五段、小松大樹初段。

週刊碁11月3日号
お悩み天国MAX 質問募集欄

« 週刊碁10月27日号(10月20日発売)特集内容 | 週刊碁 記事一覧 | 週刊碁11月10日号(11月3日発売)特集内容 »