すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁10月20日号(10月13日発売)特集内容

【第39期名人戦七番勝負第4局】
河野臨九段の2勝1敗で迎えた第39期名人戦七番勝負第4局(朝日新聞社主催)は10月6、7日に京都府京都市東山区「ウェスティン都ホテル京都」で行われた。対局は難解な戦いが繰り広げられたが、封じ手以降、井山がリードを保持し、二勝目をあげ、シリーズ戦績をタイに戻した。次の第五局は、10月15日(水)16日(木)に静岡県熱海市の「あたみ石亭」で行われる。立会・坂口隆三九段、新聞解説・坂井秀至八段、現地大盤解説・村川大介七段、聞き手佃亜希子五段、記録係・吉川一初段、小松大樹初段。

【第1回ゆうちょ杯ユース選手権決勝】
ゆうちょ杯ユース選手権の初代王者は余正麒七段(19)―10月3日、日本棋院創立90周年を記念して公開で行われたゆうちょ杯決勝戦は、余七段と本木克弥三段の対決となり、余が勝利を収めた。本因坊戦リーグなどで活躍中の余の優勝は順当といえるが、悠揚迫らぬ打ちっぷりで肉薄した本木、女流で堂々3位入賞を勝ち取った金子真季初段ら、楽しみな若手がいっぱい。ゆうちょ杯は実りの多いスタートになった。

【第33期女流本因坊戦五番勝負第1局】
藤沢里菜女流会津杯(17)が初防衛を目指す向井千瑛女流本因坊(26)に挑戦する、第33期女流本因坊戦五番勝負第1局(主催・岩手日報社、共同通信社)が10月8日に花巻市花巻温泉「佳松園」で行われた。序盤からリードを奪われた藤沢が勝負手を連打。向井の打ち過ぎもあり、逆転に成功した。227手まで黒番中押し勝ちを収めた。立会・片岡聡九段、記録・外柳是聞初段と星合志保初段。


週刊碁10月20日号

お悩み天国MAX 質問募集欄

« 囲碁未来11月号 | 週刊碁 記事一覧 | 2014碁ワールド11月号 »