すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁4月9日号(4月2日発売)特集内容

【第7回大和証券杯ネット囲碁オープン決勝】
 待望の顔合わせとなった頂上決戦は、井山裕太天元・十段が二十五世本因坊治勲の大石を召し取るというスリリングな攻防戦が演じられ、全国のファンをネット画面に釘付けにした。日本棋院ネット対局「幽玄の間」を舞台に戦われていた第7回大和証券杯ネット囲碁オープンは、3月24日に決勝戦が行われ、井山天元が黒番中押勝ちで2連覇をはたした。

【プロ棋士ペア碁選手権2012決勝】
 昨年の覇者、謝依旻女流本因坊・王銘エン九段ペアと、吉原由香里五段・結城聡九段ペアによる、プロ棋士ペア碁選手権2012(日本ペア碁協会主催)決勝戦が、3月24日に東京・市ヶ谷の「囲碁・将棋チャンネル」の竜星スタジオで行われた。あまりの激戦に、ペアの楽しい雰囲気は吹き飛び、最後はぎりぎりの半目差で、謝・王ペアが昨年に続いて連覇を果たした。解説は二十四世本因坊秀芳、聞き手は小川誠子六段が務めた。

週刊碁4月9日
お悩み天国 質問募集欄

« 週刊碁4月2日号(3月26日発売)特集内容 | 週刊碁 記事一覧 | 囲碁未来5月号 »