すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2003年

週刊碁3月12日号(3月5日発売)特集内容

【森ビル杯第50期十段戦五番勝負第1局】
 井山裕太十段に張栩棋聖が挑戦する森ビル杯第五十期十段戦五番勝負第1局が、3月1日に大阪府東大阪市の大阪商業大学で打たれた。序盤はゆっくりとしたペースで進んだものの、一転して大乱戦となった難解な中盤戦を井山が制し、最後は張の大石を召し取って180手まで白番中押し勝ちをおさめた。井山は地元東大阪市での対局に快勝し、十段初防衛へ向け幸先の良いスタートを切った。第2局は19日、日本棋院で行われる。

【第24期女流名人戦三番勝負第1局】
 5連覇の懸かる謝依旻女流名人に3年連続向井千瑛五段が挑戦する第24期女流名人戦三番勝負(産経新聞社主催)は、2月29日、「大阪商業大学」(大阪府東大阪市)で行われた第1局で幕を開けた。コウのフリカワリを経てヨセ勝負と見られていた120手過ぎから一転大乱戦に突入、時間つなぎが思わぬ形で勝負に影響し、335手という長手数を記録した熱戦は謝が白番15目半勝ちを収めた。これで謝は名誉女流名人の称号獲得まであと1勝。第2局は3月14日、京都・平安女学院「有栖館」で行われる。

週刊碁3月12日
お悩み天国 質問募集欄

« 週刊碁3月5日号(2月27日発売)特集内容 | 週刊碁 記事一覧 | 囲碁未来4月号 »