すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

伊田篤史七段が受賞【第32回土川賞】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「第32回土川賞受賞者」を決める選考委員会が11月22日(金)名鉄グランドホテルで行われ、受賞者下記1名を決定いたしました。

○ 第32回 土川賞 ( つちかわしょう )

受賞者
◇ 氏  名 伊田 篤史 ( いだ あつし )七段 ( 平成6年3月15日生 )
伊田 篤史七段
◇ 略  歴 三重県鈴鹿市出身 馬場滋九段門下
平成21年入段、22年二段、23年三段、25年四段、同年七段
◇ 選考理由  国内棋戦および国際棋戦での実績により、第46回棋道賞新人賞を受賞。今年は十代の若さで本因坊リーグ入りを達成して、七段に昇段するなど活躍が顕著なため
※ 第32回土川賞の授賞式は、平成26年3月21日予定。

土川賞規定抜粋
< 趣  旨 > 「土川賞」は、第3代(財)日本棋院中部総本部本部長 (故)土川元夫氏の遺徳を偲び、中部会館建設をはじめ囲碁界隆盛につくされた多大な功績を記念して、昭和52年度より設定する。
< 受賞対象 > 受賞者は、(公財)日本棋院中部総本部所属棋士、同総本部所管地域に住居する一般愛好家とし、囲碁普及に関する功労者および各棋戦において顕著な成績をおさめた棋士とする。受賞者は、原則として毎年1名とする。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/7205

« 【有楽町】段位認定大会 12/23 | 010日本棋院からのお知らせ 記事一覧 | 優勝はTIS連合【内閣総理大臣杯第13回全国アマチュア団体囲碁選手権全国大会】 »