すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

崔顯宰選手(韓国)が全勝優勝!【第34回世界アマチュア選手権】

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城県仙台市の仙台市情報・産業プラザ(AER)で行われていた、第34回世界アマチュア囲碁選手権宮城・仙台大会は9月4日に7、8回戦が行われ韓国の崔顯宰選手が8戦全勝で初優勝した。韓国選手の優勝は3年ぶり6回目。2位は中国の胡煜清選手、3位はウクライナのアルテム・カチャノブスキ選手だった。

日本の江村棋弘選手は第5戦で中国の胡選手、第6戦でロシアのシュクシン選手、第7戦で中華台北の林選手に敗れ8位だった。

34回世界アマ入賞者

優勝した韓国・崔選手(前列左から2番目)と入賞・表彰者 

入賞者と各賞は以下の通り。

【入賞者】

順位
選手名
国名
Score
SOSO
SOSOS
1
崔顯宰 韓国
8
41
315
2
胡煜清 中国
7
39
318
3
A.カチャノブスキ ウクライナ
6
44
282
4
I.シュクシン ロシア
6
42
308
5
P.リージ スロバキア
6
36
289
6
關景文 中国香港
6
36
286
7
N.ミティック セルビア
6
32
276
8
江村棋弘 日本
5
43
310

上位8位入賞以外の者を対象とし、フェアプレイや敢闘を讃える朝田ファイティングスピリット賞はカザフスタンのアレクサンダー・ブック選手、武宮正樹審判長特別賞はマレーシアのスーザン・ドベル・ロー・キンス選手が選ばれた。

 

大会の詳細は第34回世界アマチュア囲碁選手権宮城・仙台大会特設ページをご覧ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/7008

« 【横浜】9路盤大会 in 横浜囲碁サロン | 020アマ大会・イベント情報 記事一覧 | 【沼津市】日本棋院沼津支部 三周年記念碁会 参加者募集! »