すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

第42回大倉喜七郎賞・第50回秀哉賞の受賞者決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

― 第42回大倉喜七郎賞・第50回秀哉賞の受賞者決定 ―

「大倉喜七郎賞」並びに「秀哉賞」の受賞者が、下記の通り決定しました。

1. 「 第42回大倉喜七郎賞 」

 大倉喜七郎賞は故大倉喜七郎氏の遺徳をたたえ、プロ、アマ、国内外を問わず囲碁普及に特に功労のあった方に贈られる賞で、今回の受賞者は以下の6名の方です。
 ○ 鮎沢 まこと ( あゆざわ ・まこと )  マンガ家
 ○ 渡辺 良作 ( わたなべ ・りょうさく )  日本棋院山口県支部連合会会長
 ○ 戸塚 和夫 ( とつか ・ かずお )  日本棋院栃木県本部長
 ○ 堀 英治 ( ほり・ えいじ )  福井県囲碁連盟相談役
 ○ 林 海峰 ( りん・ かいほう )  日本棋院棋士 名誉天元
 ○ 大竹 英雄 ( おおたけ ・ひでお )  日本棋院棋士 名誉碁聖  (敬称略、年齢順)
 1月21日に開催された大倉喜七郎賞選考委員会で選考の後、29日の常務理事会で決定されました。(同選考委員会は淡河義正、大崎磐夫、渡部恒三の各氏および和田紀夫理事長、蛇川忠暉副理事長)

2. 「 第50回秀哉賞 」

 秀哉賞は21世本因坊秀哉名人の業績を永く記念するため、成績優秀で将来が嘱望される棋士に贈られる賞で、今回の受賞者は以下の通りです。
 ○ 井山 裕太 ( いやま ・ゆうた ) 本因坊・天元・王座・碁聖・十段
【 受賞理由 】
 最年少(23歳)で史上2人目の5冠(本因坊・天元・王座・碁聖・十段)達成。


 1月21日に開催された秀哉賞選考委員会で推薦され、29日の常務理事会で決定されました。(同選考委員会は斎藤十朗、三好徹の両氏および和田紀夫理事長、蛇川忠暉副理事長、山城宏副理事長、大淵盛人秀哉一門代表、石田芳夫棋士会長)

 「第42回大倉喜七郎賞」「第50回秀哉賞」の授与式は、3月26日(火)午前11時より
 日本棋院で開催される合同表彰式にておこなわれます。

【 この件に関する問い合わせ 】
 日本棋院総務人事部:03-3288-8601

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/6446

« 2013年初春段級位認定大会(2/11) | 010日本棋院からのお知らせ 記事一覧 | test »