すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

金が5連勝! 大沢も敗れる【第4回黄竜士双登杯第9戦】

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本、中国、韓国各チーム女流棋士5人による勝ち抜き戦、第4回黄竜士双登杯世界女子囲碁団体選手権の第2ラウンドが4月6日から中国江蘇省姜堰市で始まった。
6日の第8戦は第1ラウンドから連勝を続けている韓国の金惠敏七段が中国の曹又尹三段を下した。 7日の第9戦では日本チームの大沢奈留美四段と対戦し、金が黒番7目半勝ちを収め5連勝を達成した。
日本チームは残りが謝依旻六段のみとなった。
金は8日の第10戦で中国の於之瑩四段と対戦する。

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では黄竜士双登杯の模様をライブ中継いたします!

第4回黄竜士双登杯第9戦大沢

大沢(左)も金の勢いを止められず 写真提供:sina.com


【第4回黄竜士双登杯第9戦終局の場面】
黒:金恵敏七段(韓国) 白:大沢奈留美四段 黒7目半勝ち

第4回黄竜士双登杯第9戦終局

【大会形式】日中韓3ヵ国、各チーム5人の勝ち抜き戦
◎第2ラウンド
【期間】4月6日(日)から12日(土)第8戦から第14戦
【対局開始】14時(日本時間)
【持ち時間】各1時間、使い切ったら1分の秒読み
【代表選手】
[日本]謝依旻六段吉田美香八段大澤奈留美四段奥田あや三段藤沢里菜二段
[中国]宋容慧五段、王晨星五段、於之瑩四段、曹又尹三段、魯佳二段
[韓国]朴鋕恩九段、李ミン真七段、金惠敏七段、崔精四段、李瑟娥三段

◎第1ラウンドは2月16日(日)から22日(土)

ナショナルチーム応援募金 囲碁ナショナルチーム「GO・碁・ジャパン」では
日本チームの活動をご支援いただく応援募金を受け付けております。
世界戦で勝つ!日本チームを応援しよう!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/7552

« 山下と伊田でプレーオフ!【第69期本因坊戦リーグ戦最終一斉対局】 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 伊田が初挑戦!【第69期本因坊リーグ戦挑戦プレーオフ】 »