すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

山下と村川が挑戦者決定戦進出【第38期棋聖戦リーグ】

このエントリーをはてなブックマークに追加
井山裕太棋聖への挑戦権を争う第38期棋聖戦(主催:読売新聞社)のリーグ戦最終局となる第5戦が3日に行われた。
すでに第4戦までにAリーグは山下敬吾名人、Bリーグは村川大介七段が優勝を決めており、この日はリーグ順位と陥落を争う戦いとなった。山下名人と村川七段による挑戦者決定戦は11月14日に行われる。

リーグ最終戦の対局結果は以下の通り。

【Aリーグ】
張栩九段─山城宏九段、山城九段の黒番1目半勝ち
山下敬吾名人─清成哲也九段、山下名人の白番1目半勝ち
依田紀基九段─小林覚九段、依田九段の黒番2目半勝ち

▼最終順位

序列

棋士名

勝敗

最終順位

1

張栩九段

1-4

陥落

2

山下敬吾名人

4-1

1位

3

依田紀基九段

3-2

2位

4

小林覚九段

2-3

4位

5

山城宏九段

   3-2   

3位

5

清成哲也九段

2-3

陥落



【Bリーグ】
高尾紳路九段─河野臨九段、高尾九段の黒番中押し勝ち
羽根直樹九段─溝上知親八段、溝上八段の白番中押し勝ち
二十五世本因坊治勲─村川大介七段、治勲の白番中押し勝ち

▼最終順位

序列

棋士名

勝敗

最終順位

1

高尾紳路九段 

3-2

2位

2

羽根直樹九段

2-3

4位

3

河野臨九段

1-4

陥落

4

溝上知親八段

2-3

  陥落  

5

二十五世本因坊治勲 

3-2

3位

5

村川大介七段 

4-1

1位

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/7081

« 向井が先勝!【女流本因坊戦五番勝負第1局】10/2 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 村川が初優勝!【第20期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦決勝】 »