すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

第1回囲碁マスターズカップ開催決定!1/28

このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、日本棋院はエステー株式会社ならびにフマキラー株式会社のご協賛をいただき
「エステー&フマキラー 囲碁マスターズカップ」を開催する運びとなりました。

平成23年1月28日(金)に第1回大会の新棋戦発表会と組み合わせ抽選会がホテルニューオータニで行われましたので、大会の概要をお知らせいたします。

囲碁マスターズカップ記者会見

左から二十四世本因坊秀芳、林海峯名誉天元、 大竹英雄名誉碁聖、小林光一九段、王立誠九段、小林覚九段、武宮正樹九段、工藤紀夫九段、羽根泰正九段、片岡聡九段。*二十五世本因坊治勲はBCカード杯出場(29日・韓国)のため記者会見欠席。

 

【大会概要】
 参加資格 :50歳以上の現役七大タイトルホルダーおよび経験者
 大会方式 :ノックアウトトーナメント戦
 優勝賞金 :500万円(準優勝150万)
 対局ルール:持ち時間2時間(5分前から秒読み)
 日   程:本 戦 2011年2月下旬から
       準決勝 2011年5月から6月(広島)
       決 勝 2011年6月から7月(日本棋院市ヶ谷本院)

 

【参加棋士】
  二十五世本因坊治勲
  二十四世本因坊秀芳
  林 海峯名誉天元
  大竹英雄名誉碁聖
  小林 光一九段
  王  立誠九段
  小林  覚九段
  武宮 正樹九段
  工藤 紀夫九段
  羽根 泰正九段
  片岡  聡九段

 

【組み合わせ】
 

囲碁マスターズカップ
 
囲碁マスターズカップ
 
囲碁マスターズカップ
 
囲碁マスターズカップ
 

片岡聡九段

昨日まで北海道で行われた棋聖戦第2局のNHK中継解説を務めた
片岡聡九段も記者会見に駆けつけた 

 

羽根泰正九段

羽根泰正九段は中部総本部所属棋士から唯一の出場
「1つでも多く勝てるようにがんばります」 

 

武宮正樹九段

抽選の結果、二十五世本因坊治勲vs武宮正樹九段の対決が決定!
武宮は治勲に対して通算32勝60敗、11連敗中だが
この大会で空気をかえることができるか!

 

【大盤解説・中継】
 全局、日本棋院ネット対局「幽玄の間」にてライブ中継
 準決勝ならびに決勝大会は、大盤解説会を実施いたしますので、是非ご参加ください。
 大盤解説会のご案内は後日発表いたします。

 


幽玄の間

 「幽玄の間」ではトッププロの息詰まる熱戦を随時中継!
登録カンタン!らくらくモードで対局・観戦!

まずは無料利用者登録(5日間)でお試しください!

   

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/4209

« 張栩棋聖が勝ち1勝1敗のタイに!【第35期棋聖戦七番勝負第2局】1/27 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 日本勢は1回戦で敗退【第3回BCカード杯世界選手権本戦1回戦】1/29 »