すぐにメインコンテンツを読む

公益財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

 

 

文字の大きさ
文字サイズを大きくする
文字を標準サイズにする
文字サイズを小さくする

サイト内検索

アーカイブ

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

男子・女子団体戦1・2回戦が終了【第16回アジア競技大会囲碁種目団体戦】11/23

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国広州市で行われている第16回アジア競技大会囲碁種目は、23日午前に男子団体戦および女子団体戦がそれぞれ開幕し、23日夕刻までに2回戦まで終了した。
5人一組で争う男子団体戦の日本チームは、午前中の1回戦でタイと対戦し、5人全員が勝利し勝ち点を獲得した。
2回戦は手空き(参加チームが7チームのため不戦勝)となり明日の3回戦以降へ備えた。

1回戦終了後にインタビューに答える山下九段と井山九段.jpg

女子団体戦(3人制)は午前中の1回戦で韓国と対戦した。
鈴木歩五段は李ミン真五段に敗れ、向井千瑛四段は趙恵連八段に勝利した。
残る1局吉田美香八段と金侖映初段戦は、中盤で3コウが発生し、無勝負打ち直し(10秒碁)となったが、打ち直し局で敗れ、1勝2敗で惜しくも勝ち点を逃した。
また午後の2回戦では北朝鮮と対戦し、3勝0敗で勝利した。
女子チームは明日午前にタイチームと、午後中国チームと対戦する。

2回戦で北朝鮮に勝利した女子団体チーム

団体戦オーダー
男子チーム
1:山下敬吾九段 2:井山裕太九段 3:高尾紳路九段 4:結城聡九段 5:山田規三生九段 6:秋山次郎八段
女子チーム
1:鈴木歩五段 2:吉田美香八段 3:向井千瑛四段 4:大沢奈留美四段
なお、男子チームは6人中5人、女子チームは4人中3人が対局。各ラウンドごとにメンバー表を提出する。
男子チーム1回戦は結城聡九段が手空きとなり、ひとりずつオーダーが繰り上がった。
女子チームは1、2回戦とも鈴木五段、吉田八段、向井四段が対局した。
登録順は変更不可のため、例えば山下九段を手空きとする場合には井山九段以下全員のオーダーが繰り上がる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nihonkiin.or.jp/webapps/mt-tb.cgi/4052

» 広州アジア大会 囲碁の男女団体戦始まる from やぶから棒
昨日行われたミックスダブルス(ペア碁)の決勝戦は優勝が韓国ペア、準優勝が中国ペアとなり、本日よりいよいよ注目の男女団体戦が始まる。男女団体戦の選手リストと... [続きを読む]

» 広州アジア大会 囲碁団体戦佳境に入る from やぶから棒
これまでの男子団体戦の日本チームの対戦相手はタイ、マレーシア、ベトナムで当然ながら全勝し、現在の勝ち点は6となっている。4回戦を終えて、全勝棋士は日本の棋... [続きを読む]

« ペア戦メダリスト記者会見【第16回アジア競技大会囲碁種目ペア戦】11/22 | 010プロ棋戦情報 記事一覧 | 【11月第3週】主な対局結果 »